はち丸ネットワークの概要

はち丸ネットワークは主に3つの機能で成り立っています

はち丸ネットワーク 概要

はち丸ネットワークカード(地域患者カード)

はち丸ネットワークカード

参加者(患者)に発行されるカードで、カードに記載される「地域患者ID」を用いて、患者情報の共有・連携を行います。患者情報が共有される施設は、はち丸ネットワークにおける参加施設です。

医療連携ツール

医療従事者向け
複数の施設で医療情報を共有することが可能です。

主な機能

  • 1ポータル機能
  • 2診療情報(SS-MIX2標準ストレージ)ビューア機能
  • 3ID統合管理機能
  • 4認証基盤(HPKIカード対応)
  • 5医療文書作成機能
  • 6医療文書送受機能
  • 7多職種連携ツールデータ連携機能

多職種連携ツール

多職種間において、情報を共有することが可能です。

主な機能

  • 1患者チャット機能
  • 2一般チャット機能
  • 3スケジュール共有機能
  • 4在宅医療・介護連携サマリ作成・共有機能

看護・介護連携ツール

訪問看護・介護事業所向け
多職種連携ツールへの二重入力を解消することが可能です。

主な機能

  • 1訪問(巡回)介護、看護記録機能
  • 2記録紙作成支援機能
  • 3多職種連携ツールデータ連携機能
セキュリティソフトについて
施設管理者の方へ
サポート窓口のご案内

本サポート窓口はご利用者様の専用窓口です。

現在のご利用状況
参加施設数
1,289施設
利用者数
2,788
登録患者数
80,565

2019年12月12日現在