医療連携ツール

「医療連携ツール」は病院の情報を公開するだけでなく、診療所・薬局から出力されるデータを閲覧できる等、双方向による情報連携を実現しています。

はち丸ネットワーク

利用イメージ図

主な機能

医師資格証認証

日本医師会が発行する医師資格証(HPKIカード)による、医師の個人認証が可能です。

※ 医師資格証(HPKIカード)は、事前に申請、取得する必要があります。

  • 医師資格証認証
  • 医師資格証認証

    123 をクリックすると各ページに移動します。

1診療情報ビューアー
  • 1入退院歴
  • 2病名
  • 3処方歴(オーダー・実施)
  • 4注射歴(オーダー・実施)
  • 5検体検査(オーダー・実施)
  • 6放射線検査(オーダー・実施)
  • 7内視鏡検査(オーダー・実施)
  • 8生理検査(オーダー・実施)

※ SS-MIX2で提供されたデータ

各施設のカルテに保存されたデータ(例:病歴、処方歴、検査歴等)を集約することで、双方向で診療データを確認することができます。

※ 施設もしくは患者本人が希望した場合に限り情報が開示されます。

  • タイムラインビュー

    タイムラインビュー
  • カレンダービュー

    カレンダービュー

    クリックすると表示します。

  • 表示例(検体検査・結果)

    表示例
2医療文書作成システム
  • 例:診療情報提供書
    作成画面

    例:診療情報提供書作成画面
  • 診療情報提供書 (PDFファイル)

    診療情報提供書(PDFファイル)
  • 1ワープロモードで直接入力もできますが、電子カルテ等で作成したPDFファイルを取り込むこともできます。
  • 2画像ファイル等を添付することもできます。
  • 3紹介先の医師へそのまま送信できます。
  • 4文書受信時に通知が届きます。
  • 5作成された医療文書は、医師資格証(HPKIカード)を用いて電子署名を施すことによって、原本として取り扱うことが可能です。
3文書送受信システム
文書送受信システム

作成(診療情報提供書等)した医療文書は、医療連携ツールを用いて、はち丸ネットワーク参加施設間で、※1電子的に文書を送受することが可能です。また、送受されたデータは、医療連携ツール内で、※2長期的に保存、管理することもできます。

※1 電子的な医療文書の送受は、事前に届出申請を行えば、診療報酬を請求することができます。
※2 長期保存にはオプション申込みが必要になります。

セキュリティソフトについて
施設管理者の方へ
サポート窓口のご案内

本サポート窓口はご利用者様の専用窓口です。

現在のご利用状況
参加施設数
1,289施設
利用者数
2,788
登録患者数
80,560

2019年12月10日現在