名古屋市民と医療・介護を結ぶネットワーク はち丸ネットワーク

参加施設数
1,869施設

利用者数
4,093名

登録患者数
88,179名

はち丸

はち丸ネットワークとは?

患者の同意に基づき、
名古屋市内の病院・診療所・歯科診療所・薬局・訪問看護ステーション・
介護サービス事業所などをネットワークで結び、
参加者(患者)の診療・調剤・介護情報を共有するシステムです。

はち丸ネットワークについて

医療 ・介護サービス事業所の
メリット

多職種間での情報共有
多くの職種で療養者を支援している場合、連携しているメンバー間での情報共有ができます。
国民健康保険・
介護保険情報の確認
登録患者が国民健康保険・後期高齢者医療制度、介護保険等を利用した場合、その情報を確認することができます。

はち丸ネットワークに
参加するためには

図:はち丸ネットワーク参加の流れ

市民(登録患者)のメリット

もしもの緊急搬送時に安心
緊急時にあなたの医療・介護・検診情報等が医療機関などに伝わることにより、適切で迅速な治療につながります。
医療・介護チーム内の迅速な情報共有につながる
多くの職種に支援してもらっている場合、連携しているメンバー間の迅速な情報共有により、適切な医療・介護の提供につながります。

「はち丸ネットワーク」で共有される情報

  • 1氏名・生年月日・住所・性別・電話番号(緊急連絡先を含む)
  • 2円滑な医療・介護サービスの提供のために医療機関、介護事業所等から共有された情報
  • 3これまでにかかった医療機関名や病名、処方されたお薬などの医療情報※
  • 4要介護度などの介護情報※
  • 5特定健康診査などの健康診査の結果※

※名古屋市医師会が名古屋市より取得する国民健康保険医療情報、後期高齢者医療情報、介護保険情報、
特定健康診査・特定保健指導情報、後期高齢者健康診査情報が「はち丸ネットワーク」に参加する医療機関等で共有されます。

はち丸ネットワークに
登録するためには

  • はち丸ネットワーク参加施設(医療機関・介護事業所等)に「参加同意書」の提出が必要となります。
  • 登録にあたって、費用はかかりませんので、本ネットワークの趣旨に賛同された方は参加同意書をご提出ください。なお、登録はいつでも止めることができます。
  • 登録しなかった場合や途中で登録を止めた場合でも、今後の診療に何ら不利益を被ることはありません。

名古屋市16区

名古屋市、
16区がつながる

名古屋市医師会では、医療・介護従事者の情報共有ツールである「はち丸ネットワーク」の運営を通じて、患者をサポートする体制を構築し、本ネットワークを通じて、患者への迅速な対応、質の高い医療・介護サービスの提供を目指しています。

概要を見る