はち丸ネットワークとは

はち丸ネットワークとは、患者の同意に基づき、市内の病院・診療所・歯科診療所・薬局・訪問看護ステーション・介護サービス事業所などをネットワークで結び、参加者(患者)の診療・調剤・介護情報を共有するシステムです。

はち丸ネットワーク

はち丸ネットワークの目的

名古屋市医師会では、医療・介護従事者の情報共通ツールである「はち丸ネットワーク」の運営を通じて、患者をサポートする体制を構築し、本ネットワークを通じて、患者への迅速な対応、質の高い医療・介護サービスの提供を目指しています。
このページをご一読のうえ、是非、参加をご検討くださいますようご案内いたします。

医療・介護サービス事業所の
メリット

多職種による情報共有
はち丸ネットワークは、様々な端末にてご利用いただけますので、いつでも、どこでも、リアルタイムに多職種による連携グループ内で、患者の情報を共有することができます。
各種書類の送受信
連携グループ内のメンバーに向けたメッセージの送信は勿論、各種書類を添付することができるため、今まで郵送、FAXにて対応していた業務をはち丸ネットワーク上で行うことができます。
二重入力の解消
医療機関の電子カルテ及び介護サービス事業所の請求基幹ソフトとの連携を実現しておりますので、二重入力が解消でき、効率的にはち丸ネットワークをご活用いただけます。

はち丸ネットワークに
参加するためには

医療・介護サービス事業所がはち丸ネットワークに参加するためには、下記の手続きが必要となります。

  • 1『はち丸ネットワークへの参加に係る誓約書』の提出
    (施設管理者が記入し、各区支援センターへ提出)
  • 2はち丸ネットワークのポータルサイトより、Web申請
  • 3はち丸ネットワークへの接続に必要な電子証明書およびVPNソフトをインストール

参加者(患者)のメリット

受信する医療機関が変わる時も安心
名古屋市内のはち丸ネットワーク参加医療機関において、患者の過去の治療歴・検査・画像データなどの情報を参照できるため、より良い医療サービスを受けることができます。
もしもの救急搬送時に安心
救急搬送時、患者が会話が困難な状態であったり、家族や関係者からの情報がはっきりしない場合等に、救急隊がはち丸ネットワークの情報を閲覧することで、迅速な救急搬送に繋げることができます。
あなただけの医療・介護チームができる
患者に関係する医療・介護サービス事業所等に診療・調剤・介護情報が共有されるため、きめ細やかな医療・介護サービスを受けることができます。

はち丸ネットワークに
参加するためには

参加者(患者)がはち丸ネットワークに参加するためには、はち丸ネットワークに参加している医療・介護サービス事業所等に参加同意書の提出が必要となります。
参加者(患者)は無料でご参加いただけます。
※診察費などの自己負担分は、通常と変わりません。

セキュリティソフトについて
施設管理者の方へ
サポート窓口のご案内

本サポート窓口はご利用者様の専用窓口です。

現在のご利用状況
参加施設数
1,280施設
利用者数
2,756
登録患者数
80,354

2019年11月23日現在